浙江大学紫金港校区赏樱会

image3月20日(日曜日)の午後、浙江大学紫金港キャンパスに於いて、日本浙江大学校友会と「日中未来・友好桜花林」の会、共催でお花見大会が、晴天下、賑やかに開催されました。会場の芝生が百人弱の中日の現役学生、諸先輩、先生方、一般人、それから、日本から参加した校友会と中国留学生交流支援団体「立志会」のメンバーで一杯になりました。参加者は日本からのチョコレートなどのお菓子類、清酒を頂きながら和やか交流を楽しみました。また、大学が準備してくれた、カラオケも盛況でした。2007年の浙江大学110周年に、故木下俊彦早稲田大学教授のグループが日中友好のシンボルとして植樹されたこの「日中未来-友好桜花林」が更に大きく育つにつれ、日中友好も更なる発展をする事を、皆で祈願しました。

(文:佐藤哲夫)

image

image

image

发表评论